今回は、「スドリカ」という、ちょっと変わった中世西欧風ファンタジーRPGをご紹介。

何がちょっと変わっているかというと、戦闘がアクションバトルになるのだが、パネルをなぞって戦うという一風変わった戦闘スタイルを持つRPG

しかも、ストーリーモードはスタミナ制限を排除されているので、好きなだけ遊べるゲーム。裏を返せば、いつまでもやってしまう中毒性の高いゲームだと言える

バトルも含め世界観やシナリオご紹介しましょう~^^

世界は童話世界

童話の世界観を実現するために、2Dで書き上げた絵本をメインとしてストーリーが進行するようなシステムを採用している。

「スドリカ」という1匹の巨大な龍によって統治されている世界で、ヴァをンダクティという永久の人々と呼ばれる人々した、その後のどうなったのか?というのが童話の本のページをめくるように描かれている。

童話キャラが主役なので、ほぼ全てのキャラが主役となれる存在感で、当たりはずれがないというキャラ設定が斬新だけど素晴らしい。
各童話では主役なんだから優劣無しって感じだろうか。

心行くまで童話の世界に浸って楽しんでもらいたい作品だ。

 

ブロックをなぞる独特のバトル

スドリカの戦闘はターン制でブロックをなぞるというパズル形式の戦いになる。

4個なぞると対象のキャラが枚数に応じたスキルを発動させて敵を攻撃するという物。

同じキャラでも1枚・2枚・4枚とパネルを消す枚数によって効果や攻撃回数に回復といった効果が変化していくので、適当に消していくだけではどんどん厳しい戦いになっていくのも面白い。

スキル毎に迫力満点の演出があり、しかもスキルをレベルアップさせていくとより大迫力な演出に代わっていくから、見ごたえある迫力なバトルが楽しめる。
しかもパズル要素もあることから、頭を使った戦闘も楽しめるので、適当にボタンを押して敵を倒していくゲームとは一線を画すだろう。

30人もの魅力的なキャラクターが容易されているため、戦闘演出を全てみるのはかなりのやり込みが必要だ。
しかも、この30人全てに個別ストーリーまで用意されているというから驚きだ。

ゲーム進行と攻略のポイント

スドリカのゲーム攻略のポイントとしては、このゲームは、バトルを中心においていないということだろう。

どういうことかと言うと、物語が中心であるということです。

その為、レベルアップや素材集めてランクアップにパッシブスキルなどしっかりとキャラの育成要素はあるが、素材などはストーリーを進めていくと最高レベルまで育てるだけは手に入るようになっている。

アイテムの収集などを中心に楽しみたいというより、ストーリーをしっかりと楽しみながら育成もある程度楽しみたいって人向けのゲームといった印象。
個性的で魅力的なキャラが30人もいるので、ストーリーを堪能したいという人にはたまらないシステムなので、ある意味RPGといては斬新な取り組みだと言えるだろう。

 

攻略のコツ

ストーリーと訓練場で素材を手に入れることをやっておくと、ストーリーと合わせてキャラを強化育成することが出来るので、攻略しやすくなる。
パーティーメンバーにはセットしておくだけでキャラが強化されるアドバイザーをセットしておくことがおすすめ。

序盤はそんなに必要ないかもしれないが、キャラの共鳴に関わる物は速い段階でショップで買えそろえておくと後々楽になる。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はファンタジーRPG「スドリカ」をご紹介させていただきました。

童話世界に拘って、まるで童話を読んでいるかのような2Dの世界観を思う存分楽しんでほしい作品。

また、総勢30人の魅力的なキャラが織りなすストーリーも一切手抜きを感じないところに製作者の意気込みが感じられる。

全てのキャラが童話では主役なので、自分が好きな童話キャラを使ってこの世界感を堪能してみてはいかがでしょうか^^