今回は「ネクロマンサー」というあの名作、聖剣伝説2のような雰囲気を持ったアクション育成RPGをご紹介。

 

アクションとはいっているが、オートバトル搭載などアクション性はかなり薄い印象だけど、収集と育成をメインとしたアクション風RPGといった方がシックリくるかも。

 

特徴とゲーム性をご紹介しています。

死者を蘇らせる勘違い魔法少女の物語

このゲームの主人公である少女は、「死者を蘇らせる」ということから、死霊使いで名高いネクマンサーでありながら自分のことを「聖職者」だと思っている。

 

そんな少女が暮らす村から物語がスタートする。

 

グラを見てもらうとイメージ出来ると思うが、冒頭でも言ったとおりに聖剣伝説2を思わせるような良い雰囲気。

流れとしては、ミッションをクリアすることによって物語が展開していくというスタイル。

 

ミッションを受注しダンジョンにいってモンスターを狩る。狩ったモンスターは墓をタッチすることによって仲間にすることができる。

 

この仲間を強化し、主人公を育成することによって強くなっていく。

主人公の強化よりも、仲間の強化がキーとなっていくのでランクの高いモンスターを従えてゲームを有利に進めていこう。

 

ボスを倒す旅に新しいステージが解放されていくシステムなので、次のステージで苦戦するようなら、前のステージを周回して強くなっていくことが出来るので、収集要素が強いゲームといえる。

どんどん物語のスケールがアップしていくの最終的にはどのまで行くのか楽しみである。

 

ちなみに、ランクが高いモンスターは低いモンスターよりも圧倒的に強いので、ランクの低いモンスターはどんどん売却していっても問題ない。

うさぎや豚なんかよりもランクが高いリスの方が圧倒的に強いって印象なので、高ランクモンスターでPTを組むことが最強への近道といえる。

 

主人公の移動速度や攻撃速度をアップさせるダイヤは、作中の宝箱からゲットできるし、課金して購入することも可能。

 

効率の良い進め方

ネクロマンサーを出来るだけ効率よく進めたいと思ったら、せっかく強く育てたモンスターでも、高ランクモンスターが入手できたらどんどん売却してしまうこと。

愛着もあるかもしれないが、低ランクモンスターと高ランクモンスターの力の差が凄すぎる。

可能な限りモンスターを売りまくって、強化する資金に充てることがストーリーを効率進めるコツだと言える。
モンスターは6匹まで連れていくことが可能なので、Aランクモンスターをゲットできるまでは効率よく進めていこう。

 

ちなみに、すでに仲間になっているモンスターでもそのステージ内のみ協力してくれるので、タッチしてどんどん仲間を増やしていくと有利に進められるという変わったシステムもある。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ネクロマンサー」というアクション育成RPGをご紹介しました。

 

モンスターの屍を蘇らせて使役するというちょっとダークな物語だが、新らしいモンスターが次々とでてくるので収集癖がある人は止め時を見失ってしまうかも。

バトルもセミオートでおこなうこともできるので、暇つぶしにも最適。

アクションRPGっぽいなと思ってダウンロードしたが、アクションというよりも収集・育成がメインとなるようなRPGなので、これはこれでアリと思わせてくれるグラフィックとシステムなのでご安心を^^