今回は、やっぱFFだよねってクオリティのアクティブタイムバトルRPGファイナルファンタジーグランドマスターズ」をご紹介。

 

400万ダウンロードを突破している人気ゲーム。

 

スマホゲームならではの特徴としては、自分のオリジナルキャラが作成できる点とスタミナ制を排除しているのでいつまでもやれてしまう仕様になっているのが、太っ腹な特徴。

 

ゲームの流れや戦闘システムに特徴を紹介しちゃいます^^

 

世界観が懐かしい人も多いのでは?

ファイナルファンタジーグランドマスターズの舞台となるのは「ファイナルファンタジー11」のヴァナ・ディール

オンラインだったのでやっていない人もいるかもしれないが、シャントットなどの人気キャラを排出した名作であり、ストーリーもポップな物からダークな物まで数多くの人を魅了した作品。

 

私自身、何百日というプレイ時間をやったので懐かしのヴァナディール!って感じでした。

 

システムや戦闘の特徴

自分はオリジナルのキャラを作成してヴァナディールに降り立つ、もちろんFFならではの戦士、シーフ、黒魔導士などのジョブがあるので好きに選んでいこう。

 

ジョブとアビリティをしっかりと組み合わせていけば、ソロでも十分に戦っていけるけど、「フェイス」という仲間を引き連れていくことができるのでご安心を。

もちろん「フェイス」は育成メニューが用意されているので育てて強くしていくことが可能。

 

FF経験者ならお馴染みだが、戦闘は3Dのアクティブタイムバトル。

キャラのゲージがたまったら行動が出来るというシステムなので、敵と自分とでゲージの溜りを見ながら順番を予測することが必要になってくる、意外と戦略性がある。

スマホゲームでもFFとして恥じないクオリティに仕上がっているので見ごたえある戦闘が楽しめるぞ。

クエストは、物語が進むアドベンチャーステージとフィールド探索という2つが用意されており、自由にあるけるフィールドが用意されている。

フィールド上にモンスターが表示されていて、接触すると戦闘に突入するというシンボルエンカウント方式を採用している。

スキルを使用するTPは攻撃することによって回復していくので、TPはあまり出し惜しみしないでどんどん使っていこう。
キャラや装備品のレベルアップをしてどんどん物語を進めていこう。

スマホゲームなので、他のプレイヤーと共闘することがレイドモードもあり、皆とワイワイやりたいって人にも対応している。

レイドモードとは、前もって示し合わせてPTを組むのではなくその場その場でいる人達が勝手にどんどんPTになっていくというもの。

話しかけるのが…って人でも気軽にPTに参加できるのでご安心を^^

装備品の強化は2種類

  1. ガチャを引いて協力な装備品をゲット
  2. 素材を装備品に合成して強化していく。

装備は以上の2種類によって強化が可能。

 

いらない装備を強化素材として仕様することができるので、余ってしまっていらなくなるということが無くなるのも嬉しい仕様と言えるでしょう。

ダウンロード数が400万突破ということもあり、記念報酬で200連ガチャを振る舞うなどかなりの大盤振る舞いがされることが今後も予想されてるので、楽しみにしておくとよいかも。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は「ファイナルファンタジーグランドマスターズ」をご紹介しました。

 

この作品はソロでもPTでも楽しめるようにクエストによって強さが分けられたりしてますし、レイドモードによって臨機応変にPTを組むことが可能なので、時間が無い人でも楽しめる作品となってます。

 

しかも、サポジョブシステムも健在なので戦士の強さをベースにシーフの盗むを使うことも可能です。

 

まさに自分好みの使いやすく親しみが湧く自分キャラをFFの世界観で操作することができますので、FFファンならやってみるのも一興かなと^^