課金の注意点!これだけは守っておこう

スマホゲームと言えば課金要素が多くあり、インストールは無料だがアイテムやキャラのガチャ券・スタミナの回復などを課金アイテムで行えるタイプのゲームが多いと思います。

しかも、課金することによってゲームの真の面白さが発揮されるものでもありますね

そこで、課金するときの最大の注意点と賢い課金の仕方をご紹介。

この方法を守っていれば、課金しすぎてお金がピンチ!なんてことにはなりませんのでご安心を^^

課金金額は毎月決めよう

課金をしてお金がピンチになる人の多くは、心のままに課金をしている場合が多いです。

もちろん、ゲームなので気持ちを大切にして心行くまま課金をして楽しんだ方が楽しいのは間違いありません。

しかし、
今月のお金がピンチ!となってしまうと生活をも危うくなってしまう場合がありますので注意が必要です。

そこで、そうならない為には、「毎月の課金金額を決める」ということです。

月1,000円・月2,000円までなど、ご自身の懐事情としっかりと相談して、課金金額を決定していきましょう。

非課金で楽しむこともできますが、課金をした方がより一層ゲームを楽しめることは間違いありません。

  • 夢の何十連続でガチャを引いたり。
  • 好きなコスチュームをゲットしたり。
  • ガチャ倍率が高い時に引いたり。
  • 一気にキャラを成長させたり。

と課金で得られるゲームでの満足感は高いので、課金したいけど…と思っているあなたは、月の課金金額をしっかりと決めておくと、課金しすぎて今月ピンチ!!なんて事態にはなりません。

計画的に課金し、ゲームをより一層楽しめるということですね^^

 

月2,000円の課金の負担とは?

月2,000円の課金は高いと思いますか?

  • サラリーマンなら一回の飲み代いくら?
  • カラオケ代は?
  • 間食のおやつ代は?
  • たばこ代は?

月2,000円というのは、毎日ペットボトルのお茶を大体15~16日間1本購入すると同じような金額です。

ペットボトル1本をちょっと我慢することによって、あなたが好きでたまらないスマホゲームに月2,000円も課金が出来てしまいます。

月1,000円なら、約一週間くらいで課金するお金に回せちゃいます。

ちょっとお金の使い方を変えるだけで、課金代金は思ったより簡単に捻出することができます。

ただし、課金するほど面白くないゲームを淡々とやっているだけなら時間の無駄かもしれませんので、楽しいゲームにまずは出会えることを願ってます^^

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、課金するならこれだけ注意しておけば大丈夫!という注意点をご紹介しました、

ゲームに熱中するあまり、毎月の課金金額を決定しないで課金しまくるのは、ゲームを運営する側は助かりますが、それが原因でお金がピンチになってしまうことをゲーム会社の望んでいないと思います。

日常生活の活力となるようなゲームをつくり、課金でさらに楽しんでもらって、ゲームと共存できることが、運営会社も嬉しいのではないかと思います。

ちょっとだけ意識して、課金ライフを楽しんで下さい^^

お金にルーズな人は特に!

月の金額を決めるだけですから、簡単ですので是非!!