iPhone課金の2つのやり方

iPhoneは基本的に2つのやり方で課金することができます。
それは、

  1. クレジットカード決済
  2. iTunesカード決済

の2つになります。

今回は、この2つの決済方法の説明をしようと思います。

クレジットカード決済メリットとデメリット

クレジットカード決済は、クレジットカードを登録するだけですので、カードを所持しているのであれば一番簡単な決済方法です。
また、クレジットカードで決済すると、ポイントが負荷されるカードでしたらポイントも付加されるので一石二鳥です。

現金を使用することもないので、煩わしいことが一切ない簡単な課金方法だと思います。

しかし、学生なんかはクレジットカードを持っていない場合が多いと思いますので、次に紹介するiTunesカードが主流になるでしょう。

クレジットカード決済のデメリットとしては、
カード使用料金を家族と共有している場合は、バレるということです。
ただし、カードの使用料金を郵送でも貰っている人も最近は少なくなってきており、皆さんネット上で料金確認を行っている方が多いでしょう。

そうなると、郵送ではないので共有していなければバレる心配はありませんね^^

 

iTunesカード決済のメリットとデメリット

iTunesカードはコンビニなどで販売されているカードをまずは購入する必要があります。

  • 1,500円
  • 3,000円
  • 5,000円
  • 10,000円

と種類があり、購入した金額の分だけ課金に使うことができるので、ついつい課金しすぎることも防げる方法です。

課金していることも、iTunesカード自体を見られなければ家族にバレることも無いでしょうし、クレジットカードを持っていない学生でも簡単に課金できるシステムです。

使い方も簡単で、
iTunesカードを購入したら、iPhoneのApp Storeを起動して下の方になる「コードを使う」をクリック。

そして、「カメラで読み取る」をクリックしiTunesカードの裏側になるコードを読み込ませるだけで利用することができます。

「コードの引き換えに成功しました」的なコメントがでますのでこれで完了です。

課金が完了したら、ゲーム内で課金アイテムをゲットすることが出来るようになってますので、あとは、ゲームをエンジョイするだけです^^

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、iPhoneの課金の方法をご紹介いたしました。

クレジットカードとiTunesカードではそれぞれメリットデメリットがありますので、どちらか好きな方で課金しましょう。

クレジットカードが無い人は、iTunesカードのみとなってしまいますが、クレジットカードより使い過ぎを防ぐことができますので、これはこれで、良い課金方法だと思います。

ちなみに、iTunesカードでチャージするとチャージ残高はパソコンのiTunesで見ることができますし、iTunesカードのチャージ履歴はスマホの料金明細には乗ってこないところもポイントです。

もちろん、課金した際には、登録してあるメールアドレスにメールが来るようになってますのでセキュリティーも万全ですよ。

では、ゲームをエンジョイしちゃいましょう^^